帯広北高校サッカー部 STAFFブログ

REO TAKAHASHI

team U-16

4月に始動したU-16カテゴリーももう3ヶ月が経過しようとしています。

練習も試合もたくさん行って、学校生活にも慣れ、高校生らしい立ち振る舞いになってきました。

この3ヶ月で選手に伝えたかったことは、「凡事徹底」です。

 

誰にでもできる当たり前のことを、誰にもできないくらい徹底したときに、その当たり前は特別に変わる。

 

私の最も好きな言葉であり、座右の銘でもあります。

例えば、挨拶や言葉遣いなどは人として当たり前のことですが、徹底して行うと礼儀正しい人として評価されます。

ピッチの中では、声を出す、体を張る、切り替えを早くする、走る。これらはサッカーにおいて当たり前のことですが、できるようになれば、それが自分の選手としての武器になります。

 

私自身、高校生の時は、どうしようもないくらい下手糞で、足が遅くて、とても他の選手と渡り合えるレベルではありませんでした。  しかし、ピッチの中で誰よりも声を出したり、身体を投げ出して泥臭くプレーすることだけは、誰にも負けないくらい頑張りました。

声を出すことや身体を張ることは下手糞でもできます。だからこそ、誰でもできることだけは、誰にも負けないくらいやりました。それがいつしか自分の武器となり、試合に出られるようになりました。

 

「凡事徹底」・・・言うことはは簡単ですが、実行するのは難しいです。  でも今の1年生には、そんな選手に、そんな大人になってもらいたいと思います。

頑張るぞ!!team U16!!!!